ランチェスター戦略を使えば、弱者も勝者になれる!

ビジネスの世界と言うのは、残念ながら弱肉強食の世界です。

あらゆる業界で大手企業の独占・寡占が進んでいき、名もなき中小企業が日々淘汰されているのが我々が生きるビジネスの厳しい世界と言えるでしょう。

また、世の中が不景気になればなるほど、体力や資本の少ない中小企業や零細企業から犠牲になっていくのも、この世界の厳しい現実と言えます。

では、私たちの様な中小企業に属する”弱者”は、大企業のような”強者”のエサとなり、喰われてしまう日を待つしかないのでしょうか?

そんな事はありません。

やり方次第では、中小企業や零細企業だって、大手企業にも十分に勝つことができます。まさに「逆転」が可能なのです。

たとえ勝てなかったとしても、負けずに存続するくらいならランチェスター戦略を使えば十分可能だと言うこと。

その事実を伝えたくて、分かりやすくランチェスター戦略のエッセンスを凝縮したサイトを立ち上げました。

 

そもそもランチェスター戦略とは何なのか?

そもそもランチェスター戦略と言うのは、戦争をはじめて統計的・数学的に説明を行った「フレドリック・ウィリアム・ランチェスター」という人が考え出した戦闘法則のことです。

元々は、戦争で勝つための方法として「質×量」という考え方を基本として考案されたものでした。

彼が考案した戦争戦略は、ビジネスの場に応用されるようになり、現在では弱者が勝つためのバイブルとして扱われるようになりました。

 

ランチェスター戦略の基本的な思考パターン

ただ「ランチェスター戦略」と言ってもその解釈や応用範囲はとても広く、一言で解説を終わらせることはできません。

そのため、本サイトではランチェスター戦略の基本的な思考パターンである次の5つの解説を中心に行って行きたいと考えております。

ランチェスター戦略の基本

局地戦
一点集中主義
差別化
接近戦
NO1.主義

これらの5つの戦略を適材適所に組み合わせ、実践を続けて行けば、たとえ強大な強者には勝てなかったしても、負けずに存続を続けられる可能性は確実に高まります。

また、数ある戦略の中でも今回は基本的な要素に絞りましたが、これから紹介する5つの考え方の中で、どれか一つでもマスターすれば確実にあなたにとって大きな武器になる事をお約束します。

「一発逆転を狙わず、コツコツ地道に続けること」

これがビジネスで確実に勝利を積み重ね、強者を食らうための大原則です。

まずは焦らず、これから紹介していく5つの戦略のうちどれか一つを徹底的にマスターしていきましょう!